生産管理システムの導入により、
海外拠点の生産性を上げ、
笑顔を増やす。

生産管理
生産管理部 
生産システムグループ
鈴木 真弥SHINYA SUZUKI
経済学部
2012年入社

グローバル生産管理システムの
企画・運用、導入を担当しています。

生産システムグループは、生産・物流に関するシステムの企画と運用の展開および現有システムの維持・管理を主な業務としています。その中で私はグローバル生産管理システムを担当。これは、得意先計画受注から最適な社内生産計画を立案し、仕入先への部品発注や得意先への出荷までを短時間で精度良く実施することを目的としたシステムのことで、工場工務の経験を活かし海外展開や仕様の検討を担当しています。

今までで一番苦労したのは、北米拠点へのシステム導入事前準備において、導入効果を実感させること。グローバル生産管理システムは単に設置するだけではなく、必要な情報を正しく登録することで初めて生産計画業務に活用できます。共通ルールはあれども工場によって生産や購入方法が異なるため、グローバル一律な答えがない点が登録のむずかしさです。 登録は海外拠点の工務担当者が現地現物に基づいて進めますが、複雑な生産方法を伴う場合、正しく登録できずにエラーが発生し、生産計画業務に活用できていませんでした。
現地がシステム導入効果を感じられず、消極的になったこともありましたが、TV会議で現地からの声をシステムに反映したり、ウェブ会議で複雑な登録を教育したことで、徐々にシステムを活用できるようになり、導入効果を改めて実感してもらえました。

キャリア

2012年入社。新川工場工務課へ配属。主製品であるドアロックの新製品立ち上げや号口管理・在庫管理を担当。

2015年、若手海外修行制度でAHL(インド)へ1年の短期赴任。グローバル生産管理システムを活用した生産管理を定着させる。

2016年5月、生産管理部生産システムグループへ異動。

1日のスケジュール

07:30
出社/テレビ会議
時差のある北米拠点とのテレビ会議。
進捗の確認や要望・課題を吸い上げます。
11:00
システム新機能の仕様検討会
抜けモレがないよう業務目線から必要な項目を関係部署に提案します。
頭の中で業務をよくイメージすることが重要です。
13:30
打ち合わせ/資料作成
現地から挙がったデータ整備の不明点について関係部署と打ち合わせ。
生産に則した登録方法をみんなで議論し資料を作り、すぐに現地へ回答します。
15:00
システム稼働テスト
開発が完了した機能が正常に動くかテストを実施。
不良を流さないため、テスト項目に基づいて注意深く行います。
17:00
テレビ会議進め方整理
翌日のテレビ会議で議論する内容や資料の最終確認。
スムーズな議事進行のため会議のゴールを事前にイメージし、現地へ議題を共有します。
18:00
退社
退社後は同期と週2回ゴルフ。
パソコンと向き合う時間が長いため、体を動かす趣味でリフレッシュを図ります。

欧州拠点へのシステム導入を、
初めてメインで担当。

海外拠点の現地スタッフがグローバル生産管理システム導入によって業務のやりやすさを感じてくれることが、仕事のやりがいにつながります。やりやすさを感じてもらうために日本で現地スタッフに対してシステム教育をする際は、システムはどのように活用できるのか、何が実現できるのかを詳しく説明し、彼らの興味を引くことで目的を明確にするよう心がけています。 現在進行中の欧州拠点への生産管理システム導入では、現地スタッフへの教育から導入まで初めてメインの担当としてまかせてもらうことができ、大きなやりがいも感じています。
テレビ会議やメールで挙がった疑問点や要望については、職場の先輩からアドバイスをもらい、関係部署を巻き込むことでタイムリーに手を打てていますし、現地スタッフの導入に対するモチベーションも高くワクワクしながら仕事ができています。順調に進んでいますが、気を抜くことなく、大きな達成感を味わえるように導入まで管理していきます。

これからの目標
-

入社の決め手は、アイシン精機が自動車を構成する多くの製品領域を開発・生産する高い技術力を持っており、それを積極的に海外へ展開していることでした。分野や地域にとらわれず、幅広く活躍できそうだと考えたのです。また、会社説明会で先輩社員が”チャレンジできる社風"だとPRしており、失敗を恐れずチャレンジしたいと感じました。
当面の目標は、グローバル生産管理システム導入を計画通りに進めることです。今後も海外拠点と綿密なコミュニケーションを継続し、現地の声に対して即時回答することで遅れが発生しないように日程管理していきます。また、現在のシステムで対象としていない生産管理業務も多くありますので、機能の拡大や新システムの開発の機会があれば積極的にチャレンジしたいです。
私の趣味
密かにお城巡りにハマっています。
城下町には美味しそうな店が並んでいますし、春は桜が綺麗に咲くところも多く、同時に花見も楽しめます。
特にお城に入るとテンションが上がるんです!侍の血が流れているのかもしれません(笑)
おススメは彦根城です!ぜひ行ってみてください!
pagetop
© 2017 AISIN SEIKI Co.,Ltd