常にチャレンジを忘れず、
激動の業界で生き抜く
視野の広い技術者に。

生産技術
ユニット生技部
駆動システム生準第二グループ
小柳 一馬KAZUMA KOYANAGI
工学部 構造工学科
2007年入社

各部署の得意分野を結集し、
より良い設備をスピーディに作る。

生産技術者として半田工場で電動ウォーターポンプの生産準備業務を担当しています。品質、生産性を確保するためのラインを導入するため設備仕様や加工条件などを決定していく仕事です。生産技術というと生産設備のみを担当しているように思われますが、作りやすさを追求し製品形状を決定することも多々あります。もちろん生産ラインを導入するにあたっては投資が必要です。利益を確保できることを十分検討して、昨年は6.5億円の投資を行いました。

初めて設備仕様を作る時に意気込みすぎて全て自分でやりきろうとしましたが、当時はまだ経験不足だったため時間ばかりがかかっていました。『餅は餅屋』というように作業性は製造課、検査仕様は品質課、保全性は保全課と関係部署を巻き込んで設備仕様を煮詰めていくことで、スピーディによりよいものとなりました。これにより各部署が責任を持ち一致団結して生産準備を行えました。仕事は一人でやるのではなくチームとして各長所を活かすことが大切だと学びました。

キャリア

2007年7月 ユニット生技部樹脂塑性グループへ配属。CAE解析業務を担当。

2008年1月 半田工場電動ウォーターポンプ生産準備の応援として半田工場へ勤務地変更。
入社1年目で右も左もわからないのに樹脂成形のプロとして扱われてしまいタジタジ。責任感を養う。

2009年4月 半田工場のユニット生技部駆動システム生準グループへ異動。

2015年12月 電動ウォーターポンプの中国生産準備のため渡中。

2016年1月 電動ウォーターポンプ第一人者として係長へ昇格。一層責任感が出てくる。

1日のスケジュール

08:30
出社/朝礼・メールチェック
出社後朝礼で指差し呼称。安全意識を高めます。
その後メール・スケジュールチェックを行い、その日の業務計画を立てます。
09:00
生産ラインの状況確認
昨日異常がなかったか、不良は発生していないかなど、現地現物現認します。
12:00
昼食・お昼寝
減量中なので炭水化物といった糖分を控えたメニューを吟味します。
昼寝をするのとしないのとでは午後の集中力が全く違う。是非15分の睡眠を。
13:00
次期製品検討会
未来の自動車に搭載する製品の検討を関係部署集まって行います。
みんなが思いをぶつけ合いヒートアップしていきます。
17:30
資料整理・作成
定時時刻になってようやく提出資料の確認や作成を行います。
検討会での指摘等を盛り込んでレベルアップした仕様書を提出して帰宅準備。
20:00
退社
退社後は愛するハニーの待つ社宅へ真っ直ぐ帰宅。愛妻鍋をいただきます。

誰もやったことのないライン設備を手がけ、
喜んでもらえるのが最大の喜び。

後工程、つまり私が作ったラインを実際に使用する製造に『作業が楽になった』『安心して生産できる』という風に喜んでもらえることが私のやりがいになっています。さらに言えばそのラインに私のスパイス、つまり誰もやったことのないことにチャレンジし成功したときは自分を褒めてあげたくなります。私の仕事は設備を作ること、製造の仕事は製品を作ることですが、決して無機物を相手に仕事をしているのではなく、その根底にあるのは人と人とのつながりであり、それがこの仕事へのやりがいとなっています。
このケースのように、誰もやったことのないことにチャレンジする時が一番ワクワクしますね。チャレンジせずに現状維持をしたがる人もいますが、他社が進化している中での現状維持はもはや退化。立ち止まることなく挑戦し続けたいですね。

これからの目標
-

私は就職活動をする際、仕事をする上で何をするかよりも、どのように働くかを考えました。人生の大半を仕事に費やす中でやりたいことをできればとてもいいことですが、どんな仕事でもやりたくないことは出てきます。それを乗り越えるために必要なのは高いモチベーション。当時のアイシン精機の採用ホームページでは他社にはない面白い会社紹介をしており、常に前向きにチャレンジする社風だと感じました。そんな環境であればどんなことも前向きにモチベーションを高く持って取り組めると感じたのでアイシン精機を選択しました。
当時の選択は間違ってなかったと胸を張って言えます。これからもさらに多くの製品を担当し、視野の広い技術者になっていきたいですね。今はまだ車の一部品の生産準備しか経験がないので技術者としての知見が少ないと感じています。その道のプロになるのも大事ですが、変動の激しい自動車業界で臨機応変に対応するためには、様々な切り口を持った視野の広い技術者こそ重要だと考えています。
有休の使い方
アイシン精機は有休が取りやすい会社だとよく耳にするかと思いますが…嘘ではありません!私の有休の使い方は旅行です。ここ数年で、セドナ、ハワイ、グアム、タイ、シンガポールなど、いろいろ行って楽しんでます!
pagetop
© 2018 AISIN SEIKI Co.,Ltd