自分で、世界の未来をつくっていける。
それが何よりの
モチベーションです。

設計開発
走行安全制御技術部
制御第二グループ
岡本 亜紗子ASAKO OKAMOTO
情報理工学研究科 人間情報科学コース
2015年入社

自分で考えることを大切にしながら、
駐車支援システムを開発中。

走行安全制御技術部という車の安心・安全に関わる技術を開発する部署で、駐車支援システムの開発に携わっています。駐車支援システムとは、目的の駐車スペースに対して自動でハンドルを操舵し、駐車完了まで行ってくれるシステムです。その中で私はシステムを動かすためのソフトウェアの開発を担当しています。具体的には、要求されている自動車の動きに対して、どのようなソフトウェア設計にするかを検討したり、意図しない動きとならないように多くのテストを行います。

一部のソフトウェア設計をまかされた時、圧倒的な知識不足と設計の進め方がわからずに苦労しました。仕事は誰かに聞けば答えがもらえるものではなく、自分で考える必要があるということを痛感。右も左もわからない状態だったため、様々な文献を読み、あらゆるところから情報を収集。自分自身の考えを整理し、上司や先輩に相談することで少しずつ進めることができました。自分で考えることを大切にしてくれる職場であるため、大きく成長できたと感じています。

キャリア

2015年入社 走行安全制御技術部へ配属。駐車支援システム(ECUソフトウェア)の開発に携わる。

1日のスケジュール

08:00
出社/メールチェック
出社したらメールチェックを行い、その日の業務と予定を確認します。
09:00
設計確認会
ソフトウェアの設計について問題がないかチームで確認会を実施します。
12:00
昼食
同期とわいわい楽しく食事をして気分転換を行います。
13:00
ソフトウェアのテスト
最終ソフトウェアに不具合がないかテストを行います。
16:00
文献調査&発表
最新の技術について調査を行ってチーム内で共有します。
17:00
資料作成
その日の業務報告と明日の予定の確認をします。
18:00
退社
退社後は飲みに行ったり、寮で同期と遊んだりします。

自分の仕事が、駐車がニガテな人を助けたり、
交通事故を減らしたりするなんて。

一番やりがいを感じる部分は、世の中の役に立つ製品に関わっているという点です。駐車が苦手な人が楽に駐車できるようになることや、安全に駐車できることで事故の軽減につながるなど、自分の仕事で喜ぶ人が増えることが仕事をしていて最も嬉しく感じます。
また、常に最先端の技術に携われていることもやりがいの一つです。これからの自動運転技術など自分が世界の未来を作っていけるという気持ちが、日々の仕事へのモチベーションにつながっています。 現在、入社2年目ですが、配属当初よりできること・わかることが確実に増えていることにワクワクしています。昨日よりも今日、今日よりも明日、自分が成長できていると感じることが、アイシン精機に入社して一番良かったと思う点です。また、現在開発している製品が自動車に搭載され、街中を走っている様子を見るときがくるのをワクワクしながら待っています。

これからの目標
-

自動車に関わりたいという気持ちから、自動車関連の企業を中心に就職活動をしていました。さまざまな企業の方とお話しする機会がありましたが、その中でもアイシン精機の社員の方が最もいきいきと話されており、自分の仕事に誇りと夢を持っている方がとても多い印象を持ちました。純粋に一緒に働きたいと思える人が多かったことがアイシン精機を選んだ決め手です。また、チャレンジ精神を大切にする社風であり、若手でも責任のある仕事をまかせてもらっているというお話を伺って、成長できる会社だと感じ、入社を決めました。
今後の目標は、まずこの分野ならあの人に聞けばわかる!と思ってもらえるようになることです。現在はまだ、自分が周囲に聞くことがほとんどで、先輩や上司に質問されるという機会はありません。そのため、今後自分がなりたい姿として、意見を求められたときに的確な情報を伝えることができ、後輩はもちろんのこと、先輩や上司からも頼りにされるような存在を思い描いています。その先に、あいつならば安心だと仕事をまかせてもらえるような人間になれればと思っています。
休日の過ごし方
食いしん坊なので、休日は美味しいものを食べてリフレッシュしています。食べ物目当てで出かけることもしばしば。最近ではカニを家族にごちそうしました!食べている時が一番幸せそうとよく言われます(笑)
pagetop
© 2017 AISIN SEIKI Co.,Ltd