世の中のニーズを先取りし、
市場の期待を超える
システム設計者になる。

設計開発
第二車体技術部
システム制御第二グループ
鈴木 善久YOSHIHISA SUZUKI
工学部 電気電子情報工学科
大学院 工学研究科 電子情報システム専攻
2014年入社

ボタン一つで所定の位置まで座席が動く、
メモリーシートのシステム設計を担当。

第二車体技術部は車体系製品(ドア、サンルーフ、シートなど)のシステム、制御開発を行っている部署で、私の所属するグループは主にメモリーシート※1のシステム、ECU※2のハードウェア、ソフトウェアの開発を行なっています。
私の担当は、メモリーシートシステムの設計です。システム設計の役割は、製品開発の交通整理をすること。メモリーシートの場合では車両設計、シート設計(メカ設計)とECU設計の間を取り持ち、製品開発を円滑に進めることです。具体的な業務内容は、得意先、社内それぞれと調整し、お客様が満足する機能が実現できるシステム仕様案を得意先に提供することです。
※1 ボタン操作一つで、ユーザがあらかじめ登録した位置に動くシート
※2 システムの制御をするコントロールユニット

現在のチームに異動して間もなく、まだ製品知識がない頃。開発期間が短い車種の話があり、短期間で仕様作成することに苦労しました。この時は、メモリーシートそのものを知らなかったため、まず車両を使ってメモリーシートの基本作動を理解しました。次に折り込みたい仕様のイメージをつかむため、量産ラインで使用しているシートを使い、日常よくあるシーンを再現して、作動に違和感がないかを確認しました。その後、実機でのイメージを元に仕様検討を行い、作成した仕様についてシステム、ECUの知見者と議論をしました。事前にECU設計担当者に相談することで、仕様検討のやり直しを減らすことができ、期日までにお客様が満足できる仕様を得意先に提供することができました。

キャリア

2014年入社。第一電子技術部 ECU2グループへ配属。新規メモリーシートECUのハードウェア開発を行う。

2015年1月 組織改変に伴い、ボデーシステム開発部へ異動。所属上はECUソフト開発チームだが、応援として引き続きECUハードウェア開発を行う。

2016年4月 ソフト開発業務に戻り、これまで携わった新規メモリ-シートECUのソフトウェア開発を行う。

2016年10月 グループ内異動により、システム設計チームに異動。 標準メモリーシートシステムの開発を行う。

1日のスケジュール

08:00
出社/メールチェック/業務整理
出社後すぐにメールチェックを行い、その日の業務計画をたてます。
09:00
仕様検討
机上でシステム仕様の検討を行います。
11:00
テストコースの評価結果を確認
評価結果を確認→問題があった場合は現認するためにテストコースへ
12:00
昼食
会社の食堂にて、職場の先輩と談笑しながら昼食。
13:00
仕様打ち合わせ
検討したシステム仕様について、上司やECU設計者と議論します。
16:00
得意先報告資料作成
打ち合わせ内容を元に、得意先報告用資料を作成します。
18:30
退社
退社後は自宅で夕飯を作り、奥さんの帰りを待ちます。

近い将来、自分が携わったシステムが、
どれだけのお客様を喜ばせるだろう。

システム仕様検討を進めていく中で、ECU設計者、シート設計者から、過去の車両での設計思想や、不具合事例に対する対策などを教わることが多く、日々学ぶことが多いです。これまで大学では電気回路を学び、アイシン精機に入社してからはずっとECU設計に携わっていたため、メカに関して学ぶことすべてが新鮮で、仕事をこなすごとに知識が増え、成長できることにとてもやりがいを感じます。
1年後、2年後に、自分の設計・検討したシステムを搭載した車両が世の中に出回り、利用されたお客様が喜ぶ姿を想像するとワクワクします。機会があれば、自分の設計したシートシステムを搭載した車両を購入して、とことん使い込んでみたいです。

これからの目標
-

私がアイシン精機に入社した理由は、大きくわけて下記の三つでした。
1.地元の刈谷の企業で働き、地域社会に貢献したい。
2. 自動車が好きで、車両メーカーよりも自動車業界全体に携わる部品メーカーで働きたい。 どちらかといえば駆動系よりも外装製品に興味があり、ドアやシートといった外装製品に携わりたい。
3. 大学で学んだ電気・電子の知識が活かせる仕事をしたい。
今後の目標としては、常に世の中のニーズを先取りし、お客様の期待に応える仕様を提案するシステム設計者になることです。特に最近では自動運転技術が話題になっているため、自動運転に連動した新しいシートシステムを提案したいです。そのためにも、今持っているECUの知識に加え、メカや車両の知識を習得し、ECU、メカ、車両を一体としてシステムを考えられるようになりたいです。
私の趣味
入社をきっかけに、高校以来6年ぶりに剣道をやり始めました。
様々な年代の方と一緒に稽古できるため、学ぶことが多く、充実しています。そんな剣道部の楽しみは、年に一度の日本武道館での全国大会です!ライブでしか行くことのない場所で試合ができ、とても興奮しました!!(結果はご想像におまかせします。)
興味のある方は、まずは武道場に来て、一緒に稽古をしましょう☆
pagetop
© 2018 AISIN SEIKI Co.,Ltd